to Nihombashi Exit

RICOH GR3xで切り取る日常

MacBook Pro(14インチ、2021)購入記録

円安という逆風のなか購入。

MacBook Pro(14インチ、2021)。

これまでの愛機がMacBook Pro(13インチ、2015)だった。

7年近く頑張ったということか。

バッテリーが膨れ上がってて、これはまぁ交換すれば良いとしても、次回以降のOSにはアップデートできないという知らせもあって。

円安でAppleが値上げするぞーという駆け込み需要にはちゃんと乗り遅れて、しっかり値上げされてから購入した。

lenovoとどっちにしようか悩んでいた。

RICOH GR IIIx, 40mm, f2.8, 1/30sec, ISO640

PCを選ぶときに気にすること。

  1. 処理速度
  2. キーボードの打鍵感
  3. 触れたくなるかどうか

こんな感じでしょうか。

1は言わずもがな。

私は車を選ぶときにエンジン性能を重視するけど、これと同じでPCはやっぱり処理速度。

処理するための道具だし。

2については、こうしてブログを書くほかに、延々と文字を打つことが多いことから打鍵感。

3つ目は、触れたくなるかどうか、という点。

前Macbook proは7年間使ったけど、特に不満はなかった。

メモリも増設していたし、写真の編集でたまにもたつくくらいで、まだまだ現役だったから。

新しいものが欲しくなることがあんまりない、というのが私的にはApple製品の良いところ。

RICOH GR IIIx, 40mm, f2.8, 1/30sec, ISO100

なんだかんだ、SDカードをそのまま挿れられるのが大正義である。

HDMIも高評価。外部出力が2台まで可能。

40歳くらいまではこいつで頑張ろう。