to Nihombashi Exit

RICOH GR3xで切り取る日常

久しぶりにとりとめもない投稿

じっと立ち止まって太陽を浴びているよりも、さっさと歩いて次のバス停を目指すほうが楽な気がした。

結果、3つくらい先のバス停から乗車した、そんな夏の日。

右下の人の背中のROHTOの文字でその服がガンバ大阪のユニフォームであることが分かる人がどれくらいいただろうか。

彼の行き先はきっと吹田のパナスタ。

私の行き先は亀岡のサンガスタジアムでした。

RICOH GR IIIx, 40mm, f4.0, 1/40sec, ISO200

最近、縦構図を上手くなろうと意識してる。

この写真のポイントはマジックアワーの空ではなく、鮮やかな芝生の色でもなく、中央のスタンド最上階に設けられた窓と、そこにある幾つかの人影の部分です。

そこに窓があることで、圧迫感が緩和されてる(はず)。

ヌケ感?ていうの?

あっ、試合は勝ちました、割と劇的に。

RICOH GR IIIx, 40mm, f8.0, 1/250sec, ISO200

街頭演説を聞いて、投票行動や支持政党を変える人ってどれくらいいるんだろう。

そもそも、明確な理由を抱いて支持政党を持っている人がどれくらいいるんだろう。

RICOH GR IIIx, 40mm, f8.0, 1/800sec, ISO200

RICOH GR IIIx, 40mm, f2.8, 1/40sec, ISO3200

夏は暗いほうへ、目と脚が惹かれる。

RICOH GR IIIx, 40mm, f8.0, 1/20sec, ISO1600

RICOH GR IIIx, 50mm, f2.8, 1/60sec, ISO2000

ところで、梅雨はもう終わったのか。

もう台風が来ている。