to Nihombashi Exit

日記というか月記に近いブログ

2020年1月の振り返り

こんにちは。Marloweです。

当サイトは筆力の向上等々を目的に制作されました。投稿ネタとしては、日々の雑感、読書録、映画批評などを想定していました。ただやっぱりこれは平凡なサラリーマンの常ですが、ネタは意識して追い求めないと手に入らないのです。読書録はやっぱりさらっとでも再読してから書きたいし、映画も観てから書きたいし。そこで今朝思いついたのが、月並みなアイデアですが「毎月の振り返りを記す」という方法。

ということで、2020年1月の振り返りです。

f:id:Marlowe_42:20210831153648j:plain

サイトの運営を開始した

本格的に始動したのが1月でした。まだまだ改善すべきところもあるし、デザインやコンセプトもパッとしませんし。でもとりあえずは内容を充実させることを目標に、最低週に1本は書こうと思います。

ちなみにアクセス数ですが、PVは1500くらい。それが多いのか少ないのかよくわかりません。実際の人ではなくクローラーかと思います。

Twitterアカウントがあるので、更新の際はそこを拠点に発信してもいいのですが、発信用途には全く活用していないのでフォロワーも0。活用方法についてはどうしようか思案中。大学のときはくだらないことをぶつぶつ呟いてましたが、色々と億劫になってアカウントを削除し友人の視界から消え、数年前に再登録したアカウント。専ら情報収集用として利用しています。そろそろ呟こうかなあと思ったり。

体調はまずまずだった

正月太りもせず(気をつけて走っていた)、体重は通常の範囲内、62キロくらい。あと3キロくらい減ればキレが出てくるような気がするので少しずつ減らしていく。朝起きてまず筋トレとストレッチをしているのでその負荷を少しずつ増やしていきたい。

観た映画

映画館には基本的に行きませんが(!)、映画は好きなのでたまに見ています。最近は映画に対する感度がめっぽう下がってしまい、鑑賞して衝撃を受けるようなことも減ってしまいました。劇場で見ていないからということもあるんでしょうが、吸収効率としては低いと言わざるを得ない現状です。以下、公式サイトがある場合はリンク貼ってます。

映画批評もブログで書きたいとか言ってながら、どれについても書けていません。無念。

今は岩井俊二の『ラストレター』が観たいなあと思いつつ、ちょっと宣伝し過ぎじゃないかと思ってしまっい、観ずにいます。『リップヴァンウィンクルの花嫁』のほうが良かったなって思うオチではないかと、観る前から失礼ながら推測しています。尺とか気にしねえ、撮りたいもん撮ったぜ!お前ら我慢して全部観ろ!というほうが私は好きです。

読んだ本

しっかり読んだ本だけ記し、パラパラと線を引いたところだけ再読した本は省きます。amazonのリンク貼ってます。

ところで、私の今年の隠れテーマとしては、新しい知識の追求というよりも、吸収してきたものの整理をしたい、と思っていまして。もうすぐ30歳になりますし、ちょっとここで一区切りして、総決算しようかと。次のステップに進まないとなあという焦燥感もあります。ということで、今後も読書については量よりも質で、再読が多くなるのではないかなあと思います。『社会学史』のように、個々の学問を整理したような本も読んでいきたい。

聴いた音楽

これはなんとなく書きたかった項目。流行の音楽にはあんまり精通していなくて、とりあえずApple Musicに登録して日々なにか良い音楽はないかなあと探索してる。月に2〜3枚くらいのアルバムを消費して、その時期その時期を彩って記憶とリンクさせてます。

クラシックはよく聴くとか言っておきつつ、1月はあんまりなかったなあ。

総括

あまり「この年はこうだった」とか「この月はどうだ」とか、一言で括ってしまうのは好きではないのですが、まあまずまずな1月だったと思います。一言で振り返れば『復調』。振り返りは毎回こんな感じでできればと思います。少しずつ活動の量と強度をあげて2月もがんばっていこうと思います。