to Nihombashi Exit

日記というか月記に近いブログ

Marloweのカバンの中身について

こんばんは、Marloweです。

物欲が乏しく、あまり激しくモノを追い求めることはないんですが、毎日使うモノにはそれなりの拘りがある私です。

今回は、そんな私のいわゆる「カバンの中身」をお見せしましょう。

……ええ、需要はないと思います。

しかし、ここは筆力向上のためのブログですから、ネタはつまらなければつまらないほど練習になるのです。

ということで、早速カバンの中身を……といきたいところですが、まずは「カバン」そのものですね、冒頭の写真です。

明日から使う新しいカバンです。

珍しく(というか初めて?)革のカバンにしてみました。

もう30歳だし(?)。

最近はこう、経年劣化というか、長く使ってこそ味が出るものというか、そういうモノに惹かれがちです。

「手に馴染むかどうか」というのがMarlowe的な基準点です。ブランドには拘りはありません。ノーブランドっぽい見た目を好みます。

Marloweも年をとったものですね。

まぁそれはさておきこのカバン。そんなに大きくなくて、今までのMarlowe史上、最も小さなデイリーユースカバンです。

何かとモノを持ち歩きたがる男子でして、今回は除外しましたが昨日までは歯ブラシを常備してました。

使うことなんて365日のうち0日か1日くらいなのに、持ちたがるのです。

……だって人生何があるかわかりませんから!(ドヤ顔)

くだらないことはさておき、肝心の中身を見てまいりましょう。

f:id:Marlowe_42:20210831153953j:plain

まずはPC。「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)」

まずはPCですかね。

これはまぁ毎日持ち出してるわけでもないですが、入れるときもあります。

書いていて思いましたが、もう5年も使ってるんですね。

家にいるときもこいつをディスプレイに繋いで使ってます。

当時そこそこ奮発してカスタマイズして買いましたので、スペックは割と盛ってます。

デュアルコアCore i5でメモリ16GB、約500GBのSSD……って言ってもわかんない人が多いかもしれませんが、当時としてはまぁそれだけあったらひとまず十分やなぁというスペックでした。

今でもまぁ複雑な動画編集とかしなければ大丈夫かな。もうすることないだろうし大丈夫。

OSもしっかり更新されるし、それでいてデザインは統一感があって古びてこないし、これからもMarloweはMac派でしょうな。

ちなみにわざわざ写真を撮りはしませんでしたが、USキーボードです。ひらがな表記のないやつ。

もうこれは一択もんです。壊れても迷わずMacBook買います。

はずせないモノたち。

この写真にあるモノは、たぶんカバンを持たない日も持つことになるでしょうというモノです(財布が入ってないけど)。

右上のペンは3点セットです。

このペンたちについては語りだすと長くなるから割愛ですが、絶妙です。

Marloweの右手です。

右下のノートはモレスキンのソフトカバーの罫線タイプです。いつもポケットに入れて思いついたポエムを書いてます(ポエム???)。

ポエムは冗談ですが、思い立ったこととか感じたこと考えたことを書くノートです。ちなみにデスノートではありません。

丈夫で、書きやすい。

本はまぁ今がたまたま夏目漱石ですが、常に1冊は持ち歩きます。

左上の眼鏡はスペア眼鏡です。スペアタイヤみたいな。

万が一メガネが壊れたときとか、紛失したときとか、あるいは変装したいときとか(変装したいとき?)気分転換したいときに、比較的お洒落なほうのメガネをします。

それがOLIVER PEOPLESのメガネです。Marloweが似てると自称してる坂本龍一もモデルしてたりしたメーカーです。

最後に、左下のは名刺入れです。

前に勤めていた二つの会社では頻繁に名刺交換してたのでこんなカードケースじゃ務まらなかったのですが、今はあまり名刺を渡す機会がないので、10枚も入らないくらいのものを使ってます。ちなみに色は我が社のコーポレートカラー的なものにあわせたつもり。愛社心はないけど。まぁ名刺はいつ何時も渡せるようにしとかなきゃ社会人として…と教わりまして、その癖で常に持ち歩いています。財布に入ってたり手帳に挟まってたり、IDカードストラップに入っていたり。

備えあれば憂いなし的なモノたち。

説明しだすと長くなりますね。

でも前編と後編に分けるほどのテーマでもないですし。

さて、左下から…。

和紙製のポーチに、Ankerのバッテリーとケーブルが2本です。

(あ、イヤホンと携帯写すの忘れてた。あ、でも携帯で撮るし携帯は無理か。どうでもいいけど。)

和紙製のポーチは気に入ってるのでリンク貼っておきます。なかなか手に馴染む。

そこから時計回りに、財布ですね。

財布は「薄い」のが好きです。あとブランドには拘りませんが、産地には少し拘ります。これは日本製で、キプリスというところのです。いつから使ってるんだろう、2016か2017だから3、4年か。にしてはまだまだ綺麗で、型崩れもない。まぁキャッシュレスがどうとかであんまり使ってないというのもあるけど、丈夫です。

折り畳み傘はどこのか忘れたしカバーも行方不明やけど、丈夫で軽く、開きやすい。まぁ当たり前の拘りポイントです。とにかく折り畳み傘はできるだけ持っとくようにしてます。足止めは嫌い。

次、IDケースです、首からかけるやつ。

これはかれこれ社会人1年目の2015年から使って現在3社目。

毎日首からかけて5年ですから、使用感の蓄積は否めない。

でもまぁ愛着というか何というか。これが壊れる前に、あるいは同時にサラリーマンを辞めるのが目標やったりします。ちなみにちらりと覗く赤色が1社目のコーポレートカラー的なやつ。愛社心高いフリは1年目から健在でした。。

……飽きてきた。

香水はロクシタンのものがなかなか無くならない。ハンドクリームもそう。

特に拘りがなくて、でもサラリーマンのくせしてちらりと(ちらりと??)香水はつけがち。

いや、ほんとにさりげなくですよ。くっついたらわかるかなぁくらい。

自分の気持ちを向上させるためのアイテムです、はい。

んで、手帳ですね。あまり拘りがありません、今年は能率手帳でした。

最近は頭でスケジュールを覚えてるのであんまり手帳は見ません。

世間的には、あまり忙しくない部類に入るでしょう。外部との接触も少ないですし。

手帳いるんか?というレベルになりつつすらあります。これは明日出社したら会社に置きっぱなしにするやつですね。

……そして最後に、扇子です。創業300年くらいの京扇子やさん、白竹堂のです。

あんまり使ってないけど、これも社会人1年目に買って夏はずっと常備してる。

いまだによい香りがします。

……ふう、終わりました。

特にこれ以上述べることはありませんが、とりあえずここに素晴らしいイヤホンを追加してやろうと企んでます。

ということで、Marloweのカバンの中身でした。

(こういう記録って10年後くらいに見たら面白そうね。)