to Nihombashi Exit

RICOH GR3xで切り取る日常

白露に思うこと

f:id:Marlowe_42:20210910012413j:plain

何が白露だよ、ばーろう。

どうも、Marloweです。

日本には「二十四節気」なるものがありまして(由来は中国かな)、ちょうどいまの時期は「白露」にあたります。

秋が深まり、草花に朝露が付き始める、ということらしいです。

実際、家の外に停めているマイカーにも梅雨が付いてるよ(いま午前1時)。

ずっと仕事のモチベーションが上がらなくて(今日も今日とて)、今夜は久しぶりに家事を終えたあとに持ち帰り仕事を済ませてやっと0時、ウイスキーにありつけたところで、なんとなく「いま思うこと」を書き出して、形にしてみようと思ったのです。

書斎の窓を開けて、お気に入りの線香を焚いて、イヤホンで音楽を聴いて、書いてます。

秋の夜の空気の冷たさに触れると、幸せを自覚しなくては!と思わずにはいられないです、はい。

適正体重に向けて

私、身長が173cmばかしあります。

自分なりの適正体重は60kgです。

ちなみにいまは64kgで、オーバー気味です。

この数kgが心身ともに多大な影響を与えることをオーバー30のプレおじさんは今一度実感してる昨今です。

夕食を作るときの飲酒(だいたいビール)がまずいのと、極度の運動不足が原因と思われます。

60kgを切ったときには飛ぶ鳥も落とす勢いで飛翔できると思うから、鋭意減量中です。

f:id:Marlowe_42:20210910224109j:plain

右上の黒っぽい何かはきんぴらごぼうです、、、

会いたい人がいる

平時から(コロナ以前から)緊急事態宣言級のソーシャルディスタンスを確保してきた私です。

人嫌い?と言えなくもない。

より正確に表現すると「他人が好きではないことが多い」ということですが。

押しても叩いても蹴りつけてもびくともしないような確かなことしか信用しないという、何とも自分よがりな生き方をしてきましたので……。

ただ、なんとなくいまは会いたい人がいるのです。

「会いたい人がいる」というのは、逆ベクトルでの緊急事態宣言と言えます。

(平時は大体、人に合わずとも完結するライフスタイルなんです、ほんとに。)

中学か高校ぐらいから、彼女とか、彼女とか彼女とか……くらいとしかまともに余暇時間を共有してこなかったし、一人っ子なこともあるし、色々要因はあるんだろうけど。同時並行的に複数人と人付き合いが出来ないんですよ、私。

いまは家族もあって、孤独な時間というのは良い意味でも悪い意味でも皆無なんですが、それでも「会いたい人」がいます。

姉みたいな人なんですね、その人は。

どこでがんばってんだろう、元気にしてるといいなって。

(部分的)育児休業について

Marloweにはジュニアが2名おりまして。

今年で5歳と3歳ですね、メンズです。

残業はもとから少ない職場なんですが、もう1分も残業したくない、金より時間をくれ、ということで16時半には仕事を上がるようにしました。

毎日ジュニアたちを迎えに行って、帰って夕食作ってます。

9月からだしまだそんなに日も経ってないけど、楽しい。

できるだけ身体に良さそうなものを……って考えるのは、金魚のフンの如くしょっちゅう思考に不毛さがつきまとう職場とは異なり、有意義そのものです。

将来的にどう、ってわけではなくて、その日その日をちゃんと生きるというか。

あんまりつべこべ考えずに、今しかない今とか今日しかない今日を僥倖(ぎょうこう。得難い幸福)として捉えて生きようと、そういう感じです。

ぱっと見、めっちゃ良い父親に見えるかもしれませんが、まぁ欠陥で溢れた二流三流の父親なのでご安心(?)を。

あと、仕事をあんまりしたくないという動機が大きいのも事実。

9月から10月、11月は右肩上がりな季節

適度に太陽を浴びつつ、汗を流しつつ、身体をリフレッシュしていこうと思ってます。

涼しさは大正義です。良い季節だ。

世間はなっかなか落ち着きませんが、みなさんに確かな幸せが訪れますよう。

ではまた。